ナポレオン・ヒル「願望実現のための6カ条」

明確な願望を描くことの重要性について、成功哲学の第一人者であるナポレオン・ヒル博士は『思考は現実化する』の中で、「願望実現のための6カ条」として次の通り述べています。

140728_naporeon_

思考は現実化する―アクション・マニュアル、索引つき (Amazon.co.jp)
ナポレオン ヒル:著 出版社: きこ書房

————————

1.あなたが実現したいと思う願望を「はっきり」させること。単にお金がたくさん欲しいなどというような願望設定は、まったく無意味なことである。

2.実現したいと望むものを得るために、あなたはその代わりに何を“差し出す”のか決めること。この世界は代償を必要としない報酬など存在しない。

3.あなたが実現したいと思っている願望を取得する「最終期限」を決めること。

4.願望実現のための詳細な計画を立てること。そして、まだ その準備ができていなくても、迷わずにすぐに行動に移ること。

5.実現したい具体的願望、そのための代償、最終期限、そして詳細な計画、以上の4点を紙に詳しく書くこと。

6.紙に書いたこの宣言を、1日2回、起床直後と就寝直前に、なるべく大きな声で読むこと。このとき、あなたはもうすでにその願望を実現したものと考え、そう自分に信じこませることが大切である。

————————

ヒル博士の教えを、前回の投稿で述べた「願望が実現するために必要な3つの要素」になぞらえると、

・「決意」→願望を具体的に思い描き、得るための代償も覚悟する
・「期限」→最終期限を決め、詳細な計画を立てる
・「信念」→紙に書き出し、音読し、自分に信じこませる

と、対応していると言うこともできます。

思い描いていることを実現するためには、まず何よりも、成し遂げたい願望を可能な限り具体的にすることが求められます。辿り着く先が不明確なままだと、計画が練れず、行動に移すことができません。

願望が具体的であればあるほど、

・決意が芽生え、
・期限が設定できて、
・信念をもって臨むことができ、

次のステップである「計画」の段階に移ることが可能となるのです。そして、そのためには

自分が本当に望んでいるのは何か?

を明らかにするために、自分自身と向き合うという行程が、まず必要となってきます。