最高の自分になろう!

ブログをご覧のみなさま、新年明けましておめでとうございます。いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

昨年は更新が途絶えてしまった時期がありましたが、自己実現のプロを目指し、今年も更新を続けていきます。本年もよろしくお願いいたします。

40e12950e376075b55b06b6af20fbb6c_m

ブログのタイトルについて

当ブログは昨年7月、自己実現のプロを目指し、2年後の起業を目標に掲げてスタートいたしました。

なぜ世の中には成功する人としない人がいるのか?

その疑問の答えを求め、これまで学んできた目標達成や成功哲学などの考え方をまとめる中で、「なりたい自分と出会い、やりたいことをして生きる」ためのプロセスを体系化し、世の中に打ち出したいという思いで更新を続けてきました。

みんなが自己実現すれば、世の中全体が良くなる!

これを信条として掲げ、いかにシンプルで汎用性の高い願望実現プログラムを作ることができるかへの挑戦として、ブログを書いています。

「将来的に自己実現のプロとして活動したい」という思いに変わりはありませんが、学習を重ねるうちに、必ずしも単独で起業することが目標にはならなくなりました。

やろうとしていることの目的は、

・徹底的な自己分析により、自分の本当の望みに気づくこと
・願望を実現するための、達成可能な計画づくりを行うこと
・立てた計画を確実に遂行するための、自己管理のプログラムを開発し、提供すること

であり、これが遂行できるならば、形態は問わないと考えるようになりました。

起業を目標に掲げることで、かえって他のチャンスを見失ってしまうのではないかという思いが生まれたからです。

目的は変わらない。けれども、手段は無数にあるかもしれない。

そう考えるようになり、これまでのタイトルであった「素人が2年間で人材開発の事業をおこすブログ」というネーミングに自分自身が違和感を感じるようになりました。

そこで改めて、このブログで発信したいテーマをシンプルに一言で表せないか?と考えて、浮かんだフレーズが、

最高の自分になろう!

でした。

私のやりたいことが、端的に言い表されています。新年を迎えたのを機に、これをブログのタイトルに変更することとしました。
7428a85ea12e821d031c72034c7bb0fd_m

メールマガジンについて

前回の投稿から続く形式として連載のように投稿していたブログと住み分けて、その時々に書きたいことを投稿しようと思って立ち上げたメールマガジンですが、いざはじめてみるとなかなか運用が難しいものです。

続けていくうちに、メールマガジンの特性を活かして、ブログとの住み分けた投稿を行っていけると思うのですが、現時点ではは書き分けが難しいこともあって、当面はブログに投稿する内容と一部重複して配信させていただこうと思います。

とはいえ、連載物の記事はやはりメールマガジンには不向きなので、ブログに掲載する単発記事について、ブログに投稿する1日前に投稿するという形式を、試験的に行ってみたいと思います。

こちらは、より良い運用が思いついたそばから、どんどん変えていってみようと思います。

行動が先、現実が後

上記の通り、私は自己実現のプロとして活動できるフィールドを、いろいろな方向性から模索しています。

とは言え、やはり作家として、講師として活動することも目標の一つであることには変わりはありません。

私の考え方のひとつに「現実は後からついてくる」という考えがあります。

ブログやメールマガジンをはじめたのは、私が作家や講師として目指している方々がみな、webでの持論配信を毎日のように行っているという事実を知ったからです。

私もいずれ理論やプログラムを完成させ、本を出したり、セミナーや講演を行って、世の中に自己実現の重要性や考え方を提供できるようになりたいと考えています。

以前このブログにも書きましたが、何事も、まずは模倣から入ります。先駆者がやっていることを自分も行い、その積み重ねの末にオリジナリティが生まれてきます。

ですので、「今すぐにできること」として、日々の情報発信を自らの日課に掲げました。

もちろん、ブログを書くという行為自体が、これまで学んできたことや今学んでいること(インプット)のアウトプットとなり、自分の中で理解が深まっていくという側面を期待している部分もありますが、実はそれ以上に、

自分が目指している人物像と同じ行動を取り続けることで、自分自身がその人物像に変化する

ことを目指しているのです。

挑戦はまだまだ始まったばかりですが、

「なりたい自分になり、やりたいことをして生きる」

という当ブログのテーマを、まずは自分自身で体現することで、自己実現のプロとしての道をコツコツと歩んでいきたいと思います。