「なぜ」よりも「どうやって」を考える

一流のビジネスマンや成功者、物事がうまくいく人についての書籍や記事を読んでいると、よく目にするのが

人生の質=質問の質

というものです。
成果を上げる人や成功を収める人は、通常の人と比べて何が優れているのかというと、

自分に対して行う質問

に優れているというのです。

例えば、何か不測のトラブルが発生した時に、その状況を嘆き

「なぜ、こんなことが起きてしまったのか」

と原因を追求するような疑問を抱くのではなく、

「どうやってこの場面を乗り越えるか」

と、起きたことを受け入れた上で、問題が解消されることにフォーカスするのです。

あるいは、今の生活や収入に不満を感じた時に、

「なぜ、自分は出世しないのか」
「なぜ、自分は評価されないのか」
「なぜ、自分の給料は上がらないのか」

と収入が少ない原因を考えるのではなく、

「どうやったら収入が上がり、生活がより豊かになるのか」

と収入を上げる方法に焦点を当てるのです。

どちらの例にしても、二つの質問は焦点の向け先がまったく異なります。

「なぜ」は、過去を振り返る質問

であり、

「どうやって」は、未来を描く質問

です。

つまり、物事がうまくいく人の思考は、常に未来にフォーカスしているのです。

ee5245d367604e260f99280947fabfdc_m

もちろん、場面や状況によっては原因を究明することが必要なケースはあります。

失敗を次の成功につなげるためには、うまくいかなかった理由を冷静に分析し、取るべき対応は何だったのかを考えることは欠かせません。

しかし、その場合であっても、「なぜ」は「どうやって」を描くための情報収集の質問となり、最終的には未来を描くことに視点が向けられるのです。
意識的なもの、無意識なものの両方を合わせ、人は1日に数万回の質問や選択をしていると言われています。

このすべてを未来志向に転換することは容易ではありません。
しかし、せめて意識的に行う質問を「なぜ」から「どうやって」に変えていくことで、少しずつ未来志向に変化させていくことができます。

・日常の家族や友人との会話

・職場、会議、打ち合わせ等での発言

・日記など一日の振り返り

など、あらゆる場面において「なぜ」と言いそうになるところを「どうやって」に変えてみる。

それが積み重なると、あらゆる局面を切り開いていく力が、自然に発揮されるようになるだろうと、私は思います。