人が喜ぶことをしよう!

現時点で私が思う限りですが、世の中はたった1つのシンプルな法則に基いて動いています。

それは、

人が喜ぶことをしたら、喜びが自分に返ってくる

ということです。これこそが、人類繁栄の歴史を裏付ける原理原則ではないかと思います。

はっきりと根拠があるわけではありません。ただ、私の短い人生経験と、これまで読んできた本の数々から鑑みるに、おそらくそうであろうと思うに至りました。今後の自分自身の人生を通じて、それを証明していきたいと考えています。

———–

私が、その生き様に強く感銘を受けた方々が何名かいますが、その方々はいずれも「自分がやりたい」と思ったことを信念を貫いて実現し、それが人々の喜びとマッチしたことで、事業が大きく繁栄を遂げています。

例えば、宅急便の神様と呼ばれた小倉昌男さん(ヤマト運輸株式会社・二代目社長)は「サービスが先、利益が後」というポリシーに基いて、運送業界の常識を覆す宅配便サービスを展開しました。今では宅急便は生活に欠かせない存在になっています。

ソフトバンク社長の孫正義さんは、「日本にブロードバンドを安価で普及させたい」という燃えるような情熱を抱き、Yahoo!BBの販売を手がけました。家庭でのインターネット常時接続は、今では当たり前の光景となっています。

「自分がやりたいと思ったこと」と「他人の利益」が適合する時、どんなに不可能・非常識と思えたことでも現実になります。そして、それが人の喜びになっている限り、長期にわたり繁栄をもたらすのです。

逆に、私利私欲のための行動、他人を欺き、陥れる行動は、結果的に自らの破滅を招きます。(短期的に報酬を得ることもありますが)

人間は思い描いて行動することで、なりたい自分になることができますが、大前提として「他人の権利と尊厳を犯さない」ことが求められます。

一方で、自分のやりたいことと他人の喜びがマッチした時、そこに「誠実さ」「謙虚さ」「感謝の心」があれば、それは様々な好循環を招いて必ずや実現するでしょう。そのことは、人類の長い歴史がはっきりと証明しています。

京セラ、KDDIの会長を歴任された稲盛和夫さんは、「人として正しいかどうか」を物事の判断基準とされています。その理念を用いることで、JALの再建を果たされました。

迷った時は「人として正しい」と思う方を選ぶ

これを、あらゆる「選択」の基準とすることで、数々の偉業を成し遂げられたのです。

blog016

私が思う「人として正しいこと」は、「相手も幸せ、自分も幸せ」となることです。自己中心ではいけませんが、自己犠牲でもいけません。

”私もHAPPY、あなたもHAPPY”

これこそが、「人の道」ではないかと考えています。

———–

私がかつて恩師に言われた「苦労する方を選びなさい」という言葉が、今でも毎日のように思い出されます。

人は易きに流れてしまうものです。私自身、いまだにそうです。面倒くさがりで、物事をなるべく最小限の労力で片付けてしまおうとします。しかし、その場しのぎで行った行動は、必ず誰かの迷惑になります。自分自身が二度手間を踏むこともありますし、他人の手を煩わせてしまうこともあります。

その都度やるべきことをやっていれば、それが自分のためにも、他の人のためにもなるのです。

自戒の意味も込めて書きます。

「自分は何をするべきか?」

その判断基準となるのは、「他の人の喜びとなり、自分の喜びとなるかどうか」です。

blog017

自分の人生を豊かにするなら、”私もHAPPY、あなたもHAPPY”を目指しましょう。

「自分のやりたいこと」と「他人が喜ぶこと」が適合した時、その喜びは必ず自分に帰ってくる。少なくとも今は、私はそう思ってます。