今、ここにいる自分と向き合う

本日から「現在の自己分析」について書いていきます。

これまで、過去の自己分析(ライフラインチャート、キャリアインベントリー、自分史)を通じて、

・自分にはどういう出来事があり、どういう選択をとってきたのか
・自分にはどういう役割があり、どう果たしてきたのか
・自分は、どう思い、どう感じて人生を生きてきたのか

を見てきました。

その結果できあがった自分、それが「私」です。今日のフェーズからは過去のことではなく、この「私」=「今ここにいる自分」と徹底的に向き合っていきます。

向き合うとはどういうことか。それは一言で言うと、

問いかける

ということです。「自分の内なる部分と会話する」と言ってもいいかもしれません。

・私は何者なのか?
・私は何を望んでいるのか?
・私はどこへ向かっていくのか?

それを自分自身に問いかけて、そして教えてもらうのです。

blog044

「現代の自己分析」のフェーズでは、次のようなことについてお話していこうと考えています。

・Do,Have,Beリスト
・ライフログ(時間の使い方の測定)
・1分間日記
・アセスメント(ストレングス・ファインダー)
・人脈マッピング
・興味、能力、価値観、役割のリストアップ
・ミッションステートメントの定義
・ステータスシートの作成

これらの実施の結果、そして過去の自己分析結果も併せて、自分自身の「ステータスシート」の完成を目指します。

ステータスシートは、自分の「興味」「能力」「価値観」「役割」を紙1枚にまとめたものです。「自分とは何者か?」ということを一目瞭然にし、常にブレない自分を保っていくためのツールとして役立ちます。

自分が明確になると、願望が明確になります。
願望が明確になると、計画が具体的になります。
計画が具体的になると、実行に移れるようになります。
そして実行に移ると、願望はその姿を現実に現しはじめます。

「今ここにいる自分」への問いかけをはじめていきましょう。