キャリア自律の時代1

前回の投稿で、私自身の想いについて述べました。

それに加えて、「人生を成功させるプログラムを作り、それを事業にしたい」と思うようになったもうひとつの要因として、社会的な背景もあります。

これからの時代は、自己実現を支援する事業が世の中で求められる」と感じるようになったのです。

最も大きな社会的な背景として、「終身雇用制度の機能不全」が挙げられます。

現代は、自分の人生・キャリアは、自分自身で描き、築いていく時代に突入していると言えます。「キャリア自律の時代」です。

終身雇用が前提であった頃は、一つの会社や組織にに入った後は、会社が社員のキャリアを導いてくれていました。

一定の経験(年齢)を満たすと、一般社員から主任へ、係長、課長、部長へ…と階段を登っていき、仕事の責任と収入が右肩上がりで上がっていきました。

そのための教育・研修もプログラム化されていました。一度入社すると、企業が設計したキャリアのモデルに乗っかることができ、ある程度自動的にステップアップしていく仕組みがありました。

したがって、新入社員は、自分の先輩や上司を見ることで、自分の5年後、10年後の姿を想像することができ、実際にそのようになっていきました。
階段を登って行くことが「システム」として機能していたのです。

ところが現代は、企業は社員の昇進・昇格・昇給を保証できません。それどころか、雇用すら保証できません。企業自体が生きるか死ぬかの戦いをしているからです。

年齢や経験年数と、ポストや収入が比例しない時代になりました。
人格や能力が優れている人とそうでない人の差が顕著な、弱肉強食の時代になりました。
また、本人に非がなくとも、所属している会社や組織の業績によっては、突然、野に放り出されることも少なくありません。

そうした状況下の中では、会社は社員のキャリアを導いてくれません。導けないのです。
先輩や上司の姿を、自分の将来の姿に結びつけることはできません。先のことは、誰もわかりません。

blog003

自分で考えて、自分でやるしかないのです。

・なりたい自分は、どんな自分か?
・どうすれば、そんな自分になれるのか?
・それを成し遂げるには、どう取り組めばいいのか?

時代の変化、環境の変化がどうなろうとも、自分の力で自分の人生を成功させる。
これかの世の中で問われるのは、それができる能力と方法を身につけることです。

私は、それを

・誰にでも、簡単にはじめられて
・気軽に継続することができて
・確実に成果に結びつけることができる

汎用的なプログラムにすることで、人々が「自律したキャリア」を実現するための支援をしていきたいと考えています。