セルフイメージを作り変える

昨日、望月俊孝さんの宝地図のセミナーに行ってきました。なかなかに楽しい方で、今日もいろいろなことを学ばせていただきました。

・言葉とイメージと感情を変える
・今日が人生1日だとしたら、どういう行動を取るだろうか
・星を掴もうとして泥を掴むことはない

自身が成功され、そのノウハウを提供しようとされている方がおっしゃることは、共通することが多いなと改めて思いました。

これまで、私なりに潜在能力を発揮させるための学びを重ねてきましたが、その多くに通ずる鉄則はやはり、

セルフイメージを作り変える

ことなのだな、と思います。

54ff02f782a24a54749ca52d539547c6_s

セルフイメージというのは「自分が自分をどんな人間だと捉えているか」ということです。

願望を紙に書き出すのも、ビジョンボードを作るのも、宝地図を作るのも、夢日記を書くのも、アファメーション・インカンテーションを唱えるのも、行動を習慣化するのも、瞑想するのも…

すべてと言っていいほど、セルフイメージを作り変えることに通ずると言えます。

それほど、幼少期から無意識に形成されてきたセルフイメージを作り変えるのは容易ではないということになります。

思い描いた夢が持続するのは0.2秒だそうです

人間が、やろうと思ったことを行動に移すのは0.8回だそうです。(つまり、行動に移さないことの方が多いということ)

それほどまでに普通の人間がやることは行動が伴わないし、継続できないようです。

このブログを書き始めた頃から、願望を実現するためには、

・明確な願望を抱き
・具体的な計画を立て
・決めたことを実行する

ことだと唱え続けてきました。

実際、それができればすべての夢は叶えられると、私は本気で思っています。

しかし、それが簡単にできないから、私を含めて多くの凡人は、願いを実現することができない。

セルフイメージを作り変える

「自分はできない人間ではない。できる人間である」ということを、心の底から、無意識レベルで、ウソ偽りなく、確信を持って思えるようにする。

巷に溢れる無数の自己啓発はすべてと言っていいほど、ここにたどり着くのだと思います。

・よく笑うこと
・他人を褒めて、自分のことも褒めること
・成功することよりも、挑戦できたことに自信を持つこと
・なんだかんだ言っても、自分は幸せだと思い、周りのすべてに感謝すること

こうした毎日を積み重ねることが、無意識の内に形成された呪縛、制限、誤った信条、臆病さから自分を開放し、人生を好転に向かわせるのだなと思います。